現在発生している新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みまして、参加者をはじめとした関係各位の健康と安全を第一に協議しました結果、3/7の第30回東京摂食嚥下研究会を次回に延期とします事をご案内申し上げます。
開催にむけて準備をして参りましたが、苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、ご講演を楽しみにしていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

東京摂食嚥下研究会共同代表幹事 小林健太郎 井口はるひ

プログラム——————————————————————————————————————————

情報提供 13:30~  ニュートリー株式会社

講演1 13:45~14:45
「スクリーニングテストでの着目点と検査の限界を知ろう」
講師:兼岡麻子先生(東京大学医学部附属病院リハビリテーション部言語聴覚士)

休憩14:45~15:00 *各種医療用食品等のサンプルを用意しております。

講演2 15:00~16:30
「摂食嚥下障害の評価と訓練の実際」
講師:戸原玄先生
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科老化制御学系口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野准教授)

プログラム内容(ファイル)は、こちらからダウンロードしてください。


参加対象:摂食・嚥下障害のケアに関心のある医療・介護関連職種
講演会参加費:2000円
JSDR認定士単位セミナーとして単位の取得が可能です。

<参加申し込みweb登録>
本研究会HP : http://www.tokyo-enge.org/
申し込み締め切り: 2020年2月29日(土)
当日参加も受け付けておりますが、配布資料が用意できない場合がありますのでご了承ください。

申し込み締め切り: 2020年2月29日(土)
当日参加も受け付けておりますが、配布資料が用意できない場合がありますのでご了承ください。

研究会のご予約はこちらからお願いします。

<第30回研究会事務局>
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-12 国家公務員共済組合連合会九段坂病院
リハビリテーション科部長小林健太郎

共催: ニュートリー株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です