各位

平素より東京摂食嚥下研究会にご参加いただきありがとうございます。

慌ただしい情勢で皆様お忙しいと存じます.
4月2日に嚥下医学会から以下のような提言が出されました.
日本嚥下医学会では、「感染傾向が拡大している地域」においては、「非緊急の」上気道粘膜との接触を伴う嚥下訓練や内視鏡下嚥下機能検査は見合わせることを推奨する。http://www.ssdj.med.kyushu-u.ac.jp/new/detail/?masterid=112&fbclid=IwAR34n5QhQQCVw4fj4rEGkXtJmz0ba5AnFfzPY9I6CnpVZz36DIFV8Bw3Ufg

 今後嚥下に関わる皆様が安全に診療・生活ができるように,情報共有をして参りたいと思います.

東京摂食嚥下研究会共同代表幹事 小林健太郎 井口はるひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です